年頭に思う

2019/01/08

皆様こんにちは。
豊橋市の松井歯科医院、院長の松井 和博です。
2019年は平成最後の年、ということで、メディアでは平成の出来事を集大成していますね。
世間の方からすると「平成」という時代はいろいろな出来事を思い出すのではないでしょうか?
平成元年
・故小渕総理が「平成」を掲げたこと
・初めて消費税が3%で導入されたこと。その用途は社会保障と少子化対策に充てることと明記されていました。
・ベルリンの壁崩壊で東西ドイツが統一されたこと
・ニンテンドーがゲームボーイ、スーパーファミコンを発売し、テトリスが流行
平成3年
・バブル崩壊
・ソビエト連邦が崩壊
・多国籍軍がイラクに派遣。湾岸戦争が勃発
平成5年
・皇太子德仁親王と小和田雅子様がご結婚
平成7年
・阪神淡路大震災が起きる
・地下鉄サリン事件が起きる
平成10年
・長野冬季オリンピックで男子スキージャンプで金メダル獲得。原田さんの映像が印象的だった
平成12年
・カメラ付き携帯電話が発売される
平成13年
・9.11アメリカ同時多発テロ
・その後アフガニスタン戦争、イラク戦争が勃発
・音楽プレーヤーとしてアップルがiPodを発売
平成15年
・六本木ヒルズが誕生
・日本銀行券として新たに一万円、五千円、千円札を発表
平成19年
・アップルがiPhoneを発売、携帯電話の世界が大きく変化する
平成20年
・リーマンショック 世界経済が低迷する
平成22年
・アップルがiPadを発売
平成23年
・東日本大震災が起きる
平成24年
・東京スカイツリーが誕生
平成27年
・2020年の東京オリンピックが決定

本当にいろいろな出来事がありましたね。
そしてこれからも次々と技術革新や社会の変革などが起きると思います。
そんな中で松井歯科医院はこれまでもずっと予防歯科を20年以上実践してきました。
患者様の歯が多く残って、年をとっても美味しく食べられる喜びを感じてくれる方も多く、「松井歯科医院でずっとみてくれたから美味しく食べられる、これからもよろしくね」と言ってくださる方も多くいます。これは歯科医師冥利につきます。
新たな歯科医療技術もこれからも積極的に導入したいと思います。
最近は赤ちゃんから在宅の高齢者に対しても以前とは違った意味で対応ができるようになりました。虫歯や歯周病の予防だけでの予防歯科から、口腔機能の育成、睡眠障害の改善、摂食嚥下リハビリテーションなど生活や機能から関わることが増えてきました。
これからも皆様の歯と口の健康を守り続けたいと思います。
最後までお読みいただき、ありがとうございました。